やっぱりインターネット!?アフィリエイト大作戦!

「海外の有料アダルトサイト」が広告を出せるメディアはインターネットだけですが、どのように宣伝しているのでしょうか?

黎明期に主流だったのは引き込みサイトでした。
運営者自ら有料アダルトサイトへ誘導するための動画レビューサイトを作り、そのサイトにユーザーを集めて有料アダルトサイトに送り込む。
とても手間がかかる上に、引き込みサイトの運営も行わなければいけなくなるので大きな労力が必要でした。

そこに現れたアフィリエイトプロバイダー!

有料アダルトサイトの運営と、広告を完全に分けてしまう方式です。

アフィリエイトをご存じない方のために簡単に説明します。
アフィリエイトとは、広告を出稿する広告主と、広告宣伝活動をおこなう広告事業者の間で、決められた成果に対する報酬を支払う広告管理方法です。
PPC(ペイパークリック)型や成果報酬型があり、現在では成果報酬型が主流になっています。
PPC(ペイパークリック)型は、広告事業主がサイトに張った広告主のサイトへのリンクがクリックされた際に、1クリック*円と決められた金額を支払うものです。
成果報酬型は、広告事業主のサイトから広告主のサイトに誘導した後、ユーザーが広告主のサイトで成果を達成した場合のみ報酬を支払うものです。決められた金額の場合もありますし、販売金額の何%かを還元する場合もあります。

代表的な海外アダルトアフィリエイトとしては、下記のサイトがあります。

  • DTIサービス ・・・宣伝サイト:カリビアンコム / 一本道 / 天然むすめ / パコパコママ など
  • Sign Board Shop ・・・宣伝サイト:トリプルエックス / 1919GoGo.com / 熟女倶楽部 など
  • アダルトエイト ・・・宣伝サイト:PEEPFOX / 怪盗ジョーカー / oooo9 など
  • JSKY ・・・宣伝サイト:TOKYO-HOT

このアフィリエイト方式であれば引き込みサイトを作る必要がなくなり、また成果報酬なので無駄な広告費を支払わなくてよくなるのです!

広告事業者をアフィリエイターと呼びますが、広告はプロにお任せするという極めて正当なやり方でもあります。
が、様々問題が起きてきます。

当然アフィリエイターは報酬目的で動きますので、無茶な宣伝や騙しリンクなど、ユーザーを混乱させてでも買わせようとするようになります。
「無料動画サイト」などとうたって、リンクをたどっていくと「有料アダルトサイト」に行きついたり、ユーザーが目的としないサイトへの誘導が目立つようになりました。
元々ワンクリサイトやツークリサイトの宣伝をしていた広告事業者が参入してたりしますから当然の結果とも言えます。

「無料アダルトサイト」や「無料動画サイト」を名乗り、有料アダルトサイトに誘導しているアフィリエイトサイトが数多くあります。
「この動画はココにあります!」とかってリンクをクリックしたことはありませんか?違う無料アダルトサイトに移動するだけで、動画なんてどこにもない!
色んなリンクをクリックしてぐるぐるぐるぐる色んなアダルトサイトに移動させられて、結局やきもきしてたどり着いた有料アダルトサイトに入会してアダルト動画をダウンロードしてたり・・・。
しかも勢いで入会してしまったから好みの動画が少なくて不満ばかりが残っちゃう。

こういう騙しリンクばかりだったり、満足できない有料アダルトサイトに入会させられてばかりでは、アダルトサイトが信用できなくなるばかりで、イメージなんて上がるわけがありません。

しかしながら、アフィリエイトは大成長しました。
アフィリエイターがさらなるアフィリエイターを呼び、今やインターネット上には無料アダルトサイトが氾濫している状態です。
インターネット上の無料アダルトサイトやエロブログのほとんどがアフィリエイトサイトです。

言ってしまえば、こうやって報酬目的の無料アダルトサイトが増えていき、ユーザーを騙すような宣伝方法を行う人が多く存在する為、「有料アダルトサイト」のイメージがさらに悪くなるというスパイラルなんですね。

アダルトアフィリエイトの利用規約にもスパム行為は厳禁ですと書かれていますし、スパム行為を行うと厳しく罰せられます。様々な取り締まりを行っていらっしゃるようですが、いたちごっこみたいですね。

※やっぱりインターネット!?アフィリエイト大作戦!の執筆・更新は松本祐輔が行いました。
最終更新日: