有料アダルトサイトって高額なんでしょ?

ニュースで有料アダルトサイトと言われている詐欺サイトの架空請求金額を見ると何十万円もの金額を請求されてますよね。
月額利用料金がいくらで~延滞料金がいくらで~、と全部加算して数十万円!そんな金額払えるわけがありません!

海外の有料アダルトサイトも詐欺ではないとはいえ、どうせすごい金額が請求されるんでしょ?高いんでしょ?
海外からの請求だし、アダルトだし、高くて当たり前だよね?
利用してる中で色々オプションが付いてきて、何十万円とは言わなくても、月に何万円にもなるんじゃないの?

そう思われているかたも多いのではないでしょうか?
でもそれは全くの勘違いなんです!!

有料アダルトサイトの一般的な相場を見てみましょう!

有料アダルトサイトの一般的な金額

国内の有料アダルトサイトと海外の有料アダルトサイト、当然国内は修正モノで海外は無修正です。
作品の供給数が少ないマニア系の作品を配信しているサイトのほうが、一般系の作品を配信しているサイトよりも高くなっています。

国内アダルトサイト(修正モノを配信)

  • AV女優/素人系・・・2,000~4,000円
  • 盗撮/マニア系・・・4,000~6,000円

配信作品数も40作品程度から4,000作品程度までピンキリですが、基本的にほとんどのメーカーがDRMによる視聴制限を設けています。
会員期間はいつでも何度でも見れますが、退会して有効期限が切れると見れなくなってしまうところがほとんどです。

海外アダルトサイト(無修正)

  • AV女優/素人系・・・3,000~5,000円
  • 盗撮/マニア系・・・4,000~8,000円

※一部作品にモザイクがある場合があります

配信作品数は少ないところだと数十作品というのもありますが、一般的には3,000作品程度です。飛びぬけて多いトリプルエックスというサイトは10,000作品を上回ります。
DRMによる視聴制限をかけていないところが多く、一度ダウンロードして保存しておけば、退会した後でもいつでも見ることが可能です。
またほとんどのサイトがUSドル決済になっており、円高になればなるほど月額料金の引き落とし金額は安くなります。
※円高の影響の例 30日会員プラン$50のサイトの場合
 $1=100円のときの引き落とし金額は5,000円ですが、$1=85円のときの引き落とし金額は4,250円になりますので、お得に利用できます。

国内の有料アダルトサイトと海外の有料アダルトサイトを比べてみると、金額的には若干海外のほうが高いのですが、無修正であることやDRMでの視聴制限などを加味して考えるとどうでしょうか?

今度はレンタルビデオで借りた時と比べてみましょう!

有料アダルトサイトとレンタルビデオの金額比較

レンタルビデオの相場は旧作1作品あたり300円程度でしょう。
最近では10作品まとめて借りたら1週間1,000円というところも多くなっています。

毎週10本ずつレンタルした場合(40作品)
1,000円 × 4週間 = 4,000円 になります。
当然1作品あたり100円です。

では海外の月額制有料アダルトサイトの場合を考えてみましょう。
月額制サイトはダウンロードの容量制限を設けているところもありますが、平均的に1日5作品程度はダウンロードできます。

月額5,000円の有料アダルトサイトに入会したとした場合
1日5作品 × 30日 = 150作品 一か月で150作品のダウンロードが可能となり、
5,000円 ÷ 150作品 = 33円 1作品あたり33円です!

月額5,000円で仮定しましたが、実際には月額料金がもっと安いサイトが多くあります。
詐欺サイトや架空請求サイトの料金が基準になっていたかたには信じられないかもしれませんが、実際の有料アダルトサイトはこんなにもお得なんです!

当然競争も激しい業界ですので、キャンペーンでもっと安くなるときもあります。
国内の表作品で活躍している女優さんの無修正作品が配信されていたりもします。

国内の有料アダルトサイトと海外の有料アダルトサイトのどちらがお得なのかは皆さんの判断にお任せするしかありませんが、有料アダルトサイトは詐欺サイトのように暴利を貪っている訳ではなく、むしろ良心的な運営をされていることは分かっていただけたかと思います。

当サイトでは、有料アダルトサイトごとの公開作品数や月額料金をまとめていますので参考にしてください。

※有料アダルトサイトって高額なんでしょ?の執筆・更新は松本祐輔が行いました。
最終更新日: