海外の無修正有料アダルトサイトを利用するのは違法?

インターネットでちょっと探せば見えちゃう性器モロ見え画像の数々。

うれしい時代になりましたが、ちょっと後ろめたい気持ちを抱いてしまう人もいらっしゃるのではないですか?

「無修正サイトを見てるのがばれたら捕まっちゃう!?」
「無修正の動画や画像を持ってたら何の罪に問われるんだろう!?」
「パソコンにキャッシュが残るけど、これもわいせつ物の保持とかになるんじゃ!?」

最初は私もそうでした。
ちょっと怖いような、でも見たい感情を抑えきれずに見ちゃう。
そしてサンプル動画を集めるようになり、今ではヘビーユーザーですb

あ、私のことはいいですね。

先に結論を言うと、個人的に持ってるだけ、見てるだけなら何の罪にも問われません。

現在の日本の法律では、「わいせつ物」の個人利用についての規定がないのです。

刑法第175条(わいせつ物頒布)
「わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。」

無修正アダルト動画を個人利用目的で所持することについての規定がない以上、合法であり、捕まることはありません。

ただ気を付けておかなければならないのは、個人利用の範囲を超えた場合です。

例えば、友達に無修正のアダルト動画や画像を見せたり配ったり、自分以外の人がいる駅や街中や職場などで見ていたり、自分以外の人がアクセスできるサーバにアップしたりすると、あなた自身がわいせつ物を頒布する人になってしまう訳です。

海外有料アダルトサイトから購入した無修正のアダルト動画は個人で楽しみましょうね!

※海外の無修正有料アダルトサイトを利用するのは違法?の執筆・更新は松本祐輔が行いました。
最終更新日: